行事予定

NEW

令和元年度特別展 

「生駒市誕生前夜‐むかしの暮らし、むかしの生駒‐」

内 容▶2020 年は、1971 年(昭和46)に旧生駒町が市制施行して49 周年の年となります。そこで本特別展では、来る2021 年の市制施行50 周年に向けて「生駒市誕生前夜」と題し市制施行以前の「生駒町」時代を中心に、当時の風景を写した写真や新聞記事から生駒の昔の暮らしを紹介します。この時代は、家庭電化製品普及により生活形態が著しい変化を見せた時代でもあります。そのような生活道具とライフスタイルの変化や、当時の遊びについても紹介します。

期 間▶令和2年2月11日(祝)~3月24日(火)

    9時~17時(最終入館は閉館30分前)

   (祝日を除く月曜日は休館日)

観覧料▶200円(20人以上の団体は100円、生駒歴史文化友の会会員は150円) 中学生以下の方、市内に在住する65歳以上の方、身体障がい者手帳、療育手帳又は精神障がい者福祉手帳の交付を受けた方及びその介護者は無料

【特別展講演会「生駒市誕生の周辺」】

日 時▶3月21日(土)14時~15時30分

講 師▶奈良大学非常勤講師 山上 豊氏

場 所▶生駒ふるさとミュージアム、多目的室

費 用▶600円(生駒歴史文化友の会会員は500円、観覧料含む)

定 員▶48名(先着順)

【展示解説】

日 時▶3月7日(土)14時~30分程度

【学芸員によるオムニバス講演会「昭和のいこま~人々のくらし~」】

日 時▶3月8日(日)14時~15時30分

場 所▶生駒ふるさとミュージアム、多目的室

費 用▶600円(生駒歴史文化友の会会員は500円、観覧料含む)

定 員▶48名(先着順)

◇閉室期間のお知らせ◇

企画展に伴い、展示室を閉室いたします。多目的室、作業体験室、資料室などは通常通りご利用いただけます。ご了承くださいますようお願いいたします。 期間:3月25日(水)~27日(金)

 

NEW

ミュージアム講演会

「河内キリシタン―飯盛城でキリシタンに洗礼―」

日 時▶2月23日(日)14時~15時30分

場 所▶生駒ふるさとミュージアム、多目的室

講 師▶四條畷市立歴史民俗資料館館長 野島 稔氏

内 容▶ことは三好長慶が飯盛城に入城したことから始まります。飯盛城主、三好長慶はキリスト教に理解を示し、多くの家臣や領民がキリシタンになりました。  四條畷市上田原に所在した千光寺跡で出土した「田原レイマン」の墓碑や千光寺跡出土品を中心に近畿地方のキリシタン資料を紹介いたします。

費 用▶600円(生駒歴史文化友の会会員は500円)

申込み▶当日先着順

定 員▶48名(先着順)

左から田原城主田原レイマン、宣教師フロイス、砂・岡山領主結城ジョアン

 

NEW

歴史ハイキング

「見方がわかれば楽しくなる―長岳寺仏像編」

日 時▶2年2月29日(土)13時~16時30分頃

場 所▶集合JR柳本駅13時(生駒駅から同行希望の方は11時30分)

内 容▶天理市にある山辺の道東側の長岳寺を訪ね、帝塚山大学文学部講師戸花亜利州さんの解説とともに仏像を鑑賞します。また、境内を散策し、寺の歴史もあわせて楽しく学びます。

対 象▶寺と仏像が好きな方

費 用▶1,000円(観覧料・保険料込、生駒歴史文化友の会900円)

申込み▶2月11日(火)~2月28日(金)直接窓口、電話、ファックス、メールのいずれか(月曜休館日を除く)

定 員▶20名(申込順)

 

生駒ふるさとミュージアムについて

中央公民館別館として利用されてきた、旧生駒町役場庁舎を改修・整備し、平成26年2月1日、「生駒ふるさとミュージアム」が開館しました。

市内の遺跡から出土した土器のほか、古文書、さまざまな民具を展示し、子どもから大人まで、心地よく、楽しみ親しみやすいミュージアムを目指しています。

また、申し込み不要の体験学習(勾玉・土笛づくり)もご用意し、コーヒー・お茶も販売しています。

ぜひ一度、ご来館下さいませ。


展示室について

スポット展示「雛人形」

現在スポット展示として玄関ホールで雛人形を展示しております。七段飾りで見ごたえもあるのでぜひご来館下さい。
(最終更新日:2月20日)



 

Twitterページへのリンク

Twitterページへのリンク