NEW

令和元年度夏季企画展 「さよなら平成」

内 容▶5月1日から迎えた令和時代。改元を記念して、当館では夏季企画展「さよなら平成」展を開催します。平成時代にはあったけれど、後期では見られなくなった物や子どもの遊びの変化、航空写真でみる生駒市の変遷などを紹介します。懐かしく感じるような資料から、時代の変化を見ていきます。

期 間▶令和元年7月28日(日)~9月23日(月・祝)

    9時~18時(最終入館は閉館30分前)

   (祝日を除く月曜日は休館日)

観覧料▶200円(20人以上の団体は100円、生駒歴史文化友の会会員は150円) 中学生以下の方、市内に在住する65歳以上の方、身体障がい者手帳、療育手帳又は精神障がい者福祉手帳の交付を受けた方及びその介護者は無料

 
展示解説

日 時▶8月4日(日)、8月14日(日)、9月1日(日) 各14時~14時30分

学芸員によるオムニバス講演会「消えゆくもの、生まれたもの」

日 時▶9月7日(土)14時~15時30分

場 所▶生駒ふるさとミュージアム、多目的室

内 容▶①暮らしの中の消えゆくもの

    ②インターネット平成史

    ③平成のダークツーリズム

費 用▶600円(生駒歴史文化友の会会員は500円)

定 員▶48名(先着順)

◇閉室期間のお知らせ◇

特別展に伴い、展示室を閉室いたします。多目的室、作業体験室、資料室などは通常通りご利用いただけます。ご了承くださいますようお願いいたします。 期間:7月25日(木)~27日(土)

 

生駒の平成を写しとった写真の募集!

生駒ふるさとミュージアムで行う夏季企画展「さよなら平成」で、展示に使う写真を募集します。

【募集内容】

 平成時代に変化した生駒市内の公園(遊具など)、道路、駅舎や鉄道などの施工・改装前がわかるもので、人物が写り込んでいる場合は、特定の個人と識別できないもの。サイズは、21㎝×29.7㎝以下ならば自由。

 ※写真は原則として返却いたしませんのでご了承ください。

【送付方法】

 氏名、連絡先、撮影場所、撮影時期を明記して、メール、郵送(送料はご負担願いします)もしくは直接の来館にて6月28日(金)までにデータもしくは紙焼きでお願いします。

【送付・問合せ先はこちら】

 〒630-0252生駒市山崎町11-7生駒ふるさとミュージアム宛

 Tel:0743-71-7751 Fax:0743-71-7752

 Email:info@ikoma-museum.jp

 


 

ミュージアム講演会

「中世竹林寺と律宗」

日 時▶6月22日(土)14時~15時30分

場 所▶生駒ふるさとミュージアム、多目的室

内 容▶平群町教育委員会 葛本隆将(たかゆき)さんによる講演「中世竹林寺と律宗」。行基廟の開掘を契機とする竹林寺の発展や、共同墓地・輿山(こしやま)の形成、竹林寺僧のネットワークなど、鎌倉・室町時代の竹林寺を取り巻く世界について、律宗の活動に注目しながらお話します。

費 用▶600円(生駒歴史文化友の会会員は500円)

申込み▶電話かファックス、メール、直接窓口にお越しください。

申込み期間▶6月11日(火)~6月21日(金)

定 員▶48名

 

 

NEW生駒の歴史と文化入門講座

「天誅組の蹶起(けっき)は義挙か」

日 時▶7月19日(金)14時00分~15時30分

場 所▶生駒ふるさとミュージアム、多目的室

内 容▶生駒市文化財保護審議会会長の今木義法さんによる連続講座の3回目「天誅組の蹶起は義挙か」。天誅組主将中山忠光と一兵士原田亀太郎の人物像をとおして「明治維新の魁」とよばれたその蹶起の実像について学びます。

費 用▶500円(生駒歴史文化友の会会員は400円)

申込み▶当日先着順

定 員▶48名(先着順)

 


NEWコラボイベント~時空を超える!勾玉づくりと「ふれて民具!?展」in北分館

日 時▶7月20日(土)

内 容▶昔の装飾品である「勾玉」を作ります。――当日は、民具を本といっしょに紹介する「ふれて民具!?展」も北分館広場前にて同時開催します(10時~15時、無料・自由参加)。展示物は手で触れて体感できる、ハンズオン形式です。

勾玉づくり体験費用▶300円

場 所▶北コミュニティセンターISTAはばたき2階203セミナー室

対 象▶市内に住む人(小学生未満は要保護者同伴)

定 員▶30人(抽選制)

申込み▶市ホームページの申込フォームか、市内5図書館・室のカウンターにある申込書を書いて直接提出(6月30日締め切り)

 

生駒ふるさとミュージアムについて

中央公民館別館として利用されてきた、旧生駒町役場庁舎を改修・整備し、平成26年2月1日、「生駒ふるさとミュージアム」が開館しました。

市内の遺跡から出土した土器のほか、古文書、さまざまな民具を展示し、貴重な絵画・仏像などを展示できる設備もあります。

子どもから大人まで、心地よく、また楽しみながら、親しみやすいミュージアムを目指しています。

申し込み不要の体験学習(勾玉・土笛づくり)もご用意し、カフェコーナーも常設しています。

ぜひ一度、ご来館下さいませ。


展示室について

展示室「常設展示」

現在展示室では常設展を行っております。 常設展では、生駒の資料を通史を通して展示しております。 「『宮』と刻まれた須恵器」や「生駒曼荼羅(複製)」、 「行基墓誌残欠(複製)」、「傘形連判状」、「乙田村人形浄瑠璃」関連資料、 「大阪農人橋」と銘入りの唐箕をはじめとする近世から近代にかけての生駒で 使われた民具など、歴史と民俗についての展示をしております (平成31年4月4日更新)

企画展示室「改元記念展」

5月1日より元号が改元し、平成時代から令和時代へと移り変わりました。 それにともなって、企画展示室では元号についてと生駒と天皇のかかわり のある伝承についての解説を行っております。(令和元年5月9日更新)



 

Twitterページへのリンク

Twitterページへのリンク