平成30年度秋季特別展 人の形—祈りをかたどる—

内 容▶人が文化を持つと同時期に始まっていたとも言われる「人の形」に対

    する信仰。人知が及ばないことに対して神に祈り、願い、まじないを

    行いました。中でも人の形に対して祈りを込める事例は、村境に置か

    れる大人形や節句に飾る人形など現在でも存在します。本展示では祈

    りの込もった形を本市の民俗事例と関連づけて解説します。

期 間▶平成30年10月7日(日)~11月25日(日)

    9時~18時、11月から17時まで(最終入館は閉館30分前)

   (祝日を除く月曜日は休館日)

観覧料▶200円(20人以上の団体は100円、生駒歴史文化友の会会員は150円)

    中学生以下の方、市内に在住する65歳以上の方、身体障がい者手帳、

    療育帳又は精神障がい者福祉手帳の交付を受けた方及びその介護者は

    無料

展示解説
日 時▶11月11日(日)、11月25日(日) 各14時から

◇閉室期間のお知らせ◇

特別展に伴い、展示室を閉室いたします。多目的室、作業体験室、資料室などは通常通りご利用いただけます。ご了承くださいますようお願いいたします。    期間:11月26日(月)~28日(水)

 

 

生駒の歴史と文化入門講座

「生馬の地名起源」

日 時▶12月14日(金)14時~15時30分

場 所▶生駒ふるさとミュージアム、多目的室

内 容▶生駒市文化財保護審議会会長の今木義法さんによる講座「生馬の地名

    起源」膽駒・生馬・伊古麻などと表記される生駒の地名起源について

    学びます

費 用▶500円(生駒歴史文化友の会会員は400円)

定 員▶48名(先着順)

ミュージアム講演会

「寺院の広がりから探る大和の歴史」

日 時▶12月23日(日)14時~15時30分

場 所▶生駒ふるさとミュージアム、多目的室

内 容▶本願寺史料研究所研究員岡村喜史さんによる講演「寺院の広がりから

    探る大和の歴史」。大和では、ほぼ旧村ごとに寺院があります。

    これらの寺院がどのようにできたのかについて宗派の分布や成立時期

    などを通じて生駒市域における歴史と地域性を考えてみましょう

費 用▶600円(生駒歴史文化友の会会員は500円)

申込み▶申込順 電話かファックス、メール、直接窓口にお越しください。

定 員▶48名(先着順)

 

NEWドキドキ、ドキッ!縄文土器クッキー作り

生駒市図書北分館とのコラボイベントです。

日 時▶12月16日(日)午前9時50分~12時

場 所▶北コミュニティセンターISTAはばたき 2階 調理室・和室

内 容▶ひも、貝殻などを使って縄文土器の文様をつけたクッキーを作りまし

    ょう♪クッキーが焼けるまで、おはなし会さんの楽しいおはなし付き

    です。

必要品▶エプロン、マスク

定 員▶22組(抽選制 1組は4人まで) 

費  用▶1組500円

申し込み・問い合わせ▶11月15日(木)~11月30日(金)までに、市内の各図書館・室にある申込書に記入するか、市ホームページの申し込みフォームから応募。(住所・氏名・年齢・電話番号を明記してください。(※小麦、卵、乳製品を使用します)

図書北分館(☎71‐3332)

☆申込フォームは こちら

 

生駒ふるさとミュージアムについて

中央公民館別館として利用されてきた、旧生駒町役場庁舎を改修・整備し、平成26年2月1日、「生駒ふるさとミュージアム」が開館しました。

市内の遺跡から出土した土器のほか、古文書、さまざまな民具を展示し、貴重な絵画・仏像などを展示できる設備もあります。

子どもから大人まで、心地よく、また楽しみながら、親しみやすいミュージアムを目指しています。

申し込み不要の体験学習(勾玉・土笛づくり)もご用意し、カフェコーナーも常設しています。

ぜひ一度、ご来館下さいませ。


展示室について

企画展示室「中学校職場体験成果展」

各中学校の、ミュージアムでの職場体験を通して作成した作品、調査した成果を展示しています。(更新:2018年11月15日)



 

Twitterページへのリンク