令和元年度夏季企画展 「さよなら平成」

内 容▶5月1日から迎えた令和時代。改元を記念して、当館では夏季企画展「さよなら平成」展を開催します。平成時代にはあったけれど、後期では見られなくなった物や子どもの遊びの変化、航空写真でみる生駒市の変遷などを紹介します。懐かしく感じるような資料から、時代の変化を見ていきます。

期 間▶令和元年7月28日(日)~9月23日(月・祝)

    9時~18時(最終入館は閉館30分前)

   (祝日を除く月曜日は休館日)

観覧料▶200円(20人以上の団体は100円、生駒歴史文化友の会会員は150円) 中学生以下の方、市内に在住する65歳以上の方、身体障がい者手帳、療育手帳又は精神障がい者福祉手帳の交付を受けた方及びその介護者は無料

 
展示解説

日 時▶8月4日(日)、8月18日(日)、9月1日(日) 各14時~14時30分

学芸員によるオムニバス講演会「消えゆくもの、生まれたもの」

日 時▶9月7日(土)14時~15時30分

場 所▶生駒ふるさとミュージアム、多目的室

内 容▶①暮らしの中の消えゆくもの

    ②インターネット平成史

    ③平成のダークツーリズム

費 用▶600円(生駒歴史文化友の会会員は500円)

定 員▶48名(先着順)

◇閉室期間のお知らせ◇

企画展終了に伴い、展示室を閉室いたします。多目的室、作業体験室、資料室などは通常通りご利用いただけます。ご了承くださいますようお願いいたします。 期間:9月24日(火)~26日(木)

 

NEW生駒の歴史と文化入門講座

「中世の夢-『多門院日記』」

日 時▶9月13日(金)14時~15時30分

場 所▶生駒ふるさとミュージアム、多目的室

内 容▶生駒市文化財保護審議会会長の今木義法さんによる連続講座の4回目「中世の夢-『多門院日記』」。中世大和を支配していた興福寺。その子院・多門院の僧英俊の日記を通して中世人の世界観について学びます。

費 用▶500円(生駒歴史文化友の会会員は400円)

申込み▶当日先着順

定 員▶48名(先着順)

 

NEW見る・聞く・触れる!ナイトミュージアム」

日 時▶9月21日(土)17時30分~19時30分

場 所▶生駒ふるさとミュージアム、多目的室

内 容▶夜の館内を、お手製の提灯を持って探検しよう!いつもとは違う姿を見せる夜のミュージアムを体験するイベントです。暗い中、手元の灯りを頼りに、展示品を見たり、古い道具を触ったりして、クイズを解きながら館内を探検します。

費 用▶300円

申込み▶9月11日(水)~20日(金) 電話、FAX、メールまたは直接の来館にて、氏名、年齢、連絡先をご連絡下さい。

定 員▶15組(申込順)

 

NEW生駒の歴史と文化入門講座

「謎の古代山城・鬼ノ城」

日 時▶10月18日(金)14時~15時30分

場 所▶生駒ふるさとミュージアム、多目的室

内 容▶生駒市文化財保護審議会会長の今木義法さんによる連続講座の5回目「謎の古代山城・鬼ノ城」。白村江の戦いに敗れて、唐・新羅連合軍の侵攻に備えて大和朝廷が築いた古代山城の一つと伝承されている吉備の国の鬼ノ城について、築城の歴史的背景と壮大な構造の謎を学びます。

費 用▶500円(生駒歴史文化友の会会員は400円)

申込み▶当日先着順

定 員▶48名(先着順)

 

生駒ふるさとミュージアムについて

中央公民館別館として利用されてきた、旧生駒町役場庁舎を改修・整備し、平成26年2月1日、「生駒ふるさとミュージアム」が開館しました。

市内の遺跡から出土した土器のほか、古文書、さまざまな民具を展示し、貴重な絵画・仏像などを展示できる設備もあります。

子どもから大人まで、心地よく、また楽しみながら、親しみやすいミュージアムを目指しています。

申し込み不要の体験学習(勾玉・土笛づくり)もご用意し、カフェコーナーも常設しています。

ぜひ一度、ご来館下さいませ。


展示室について

企画展示室「平成クイズ!」

企画展「さよなら平成」展に関連し、企画展示室では平成時代の出来事をクイズにしたコーナーを設けています。クイズに答えてパズルを解いてみましょう。クイズは随時更新していきます。(令和元年8月3日更新)



 

Twitterページへのリンク

Twitterページへのリンク