行事予定

NEW

ミュージアムでお正月!

内 容▶生駒のもち米を使って餅つきをします!つきたての美味しいお餅を食べましょう♪午後は点茶体験とお菓子の販売を行います。他にも書初めや福笑い、生駒カルタ、貝合わせなどお正月ならではの遊びコーナーがあり、盛りだくさんの内容です。ご家族やお友達と一緒に、わいわい楽しみましょう。もちつき参加者の方には、記念に餅花をプレゼントします。

日 時▶令和2年1月5日(日)10時~17時

時 間▶もちつき 10時~12時頃

    点茶体験(高山茶筌の会Wi-Wiさん) 14時~15時30分

    お菓子の販売(RECHERCHEルシェルシュさん) 14時~

   (なくなり次第終了)

    お正月遊びコーナー 10時~17時

場 所▶生駒ふるさとミュージアム

費 用▶もちつき 200円

    点茶体験 無料

チラシはこちら

※駐車場をご利用の方は生駒市役所東側駐車場をご利用ください。

 

ドキドキ、ドキッ!縄文土器クッキー作りin北分館

内 容▶ひもや竹などを使い縄文土器そっくりのクッキーを作りましょう。焼いている間は生駒おはなし会さんの皆さんによる絵本などの楽しいおはなし会を開催します。

日 時▶12月21日(土)9時50分~12時

場 所▶北コミュニティセンターISTAはばたき

必要品▶エプロン、マスク

定 員▶22組(抽選制 1組4名まで)

費 用▶1組 500円 

申し込み▶抽選 12月13日(金)までに、市ホームページの申込フォームか、市内5図書館・室のカウンターにある申込書を書いて直接提出

問い合わせ▶図書館北分館(☎0743-71-3332)

 

生駒の歴史と文化入門講座

「那富(なほ)山墓と隼人石」

日 時▶1月17日(金)14時~15時30分

場 所▶生駒ふるさとミュージアム、多目的室

内 容▶ 生駒市文化財保護審議会会長の今木義法さんによる講座「那富(なほ)山墓と隼人石」。聖武天皇の期待を一身に集めながら一歳の誕生日を目前にして夭折した皇太子の墓と伝えられる那富山墓と墓を守ると伝承されている隼人(はやと)石の謎について学びます。

費 用▶500円(生駒歴史文化友の会会員は400円)

申込み▶当日先着順

定 員▶48名(先着順)

 

生駒の歴史と文化入門講座

「仁徳天皇をめぐる比売(ひめ)たち」

日 時▶12月13日(金)14時~15時30分

場 所▶生駒ふるさとミュージアム、多目的室

内 容▶生駒市文化財保護審議会会長の今木義法さんによる連続講座の七回目「仁徳天皇をめぐる比売たち」。『古事記』がその治世を「聖帝の世」と讃えた仁徳天皇をめぐる皇后石之(いわの)日売、黒比売、八田若郎女(やたのわきいらつめ)などの比売たちの確執について学びます。

費 用▶500円(生駒歴史文化友の会会員は400円)

申込み▶当日先着順

定 員▶48名(先着順)

 

生駒ふるさとミュージアムについて

中央公民館別館として利用されてきた、旧生駒町役場庁舎を改修・整備し、平成26年2月1日、「生駒ふるさとミュージアム」が開館しました。

市内の遺跡から出土した土器のほか、古文書、さまざまな民具を展示し、子どもから大人まで、心地よく、楽しみ親しみやすいミュージアムを目指しています。

また、申し込み不要の体験学習(勾玉・土笛づくり)もご用意し、コーヒー・お茶も販売しています。

ぜひ一度、ご来館下さいませ。


展示室について

常設展示室「火祭り」

生駒を代表する神社である往馬大社。10月はその往馬大社の例大祭、通称「火祭り」がおこなわれます。火祭りという形態については全国でみられますが、往馬大社の火祭りは火取り神事など珍しい特徴を持っています。現在常設展では火祭りについての簡単な紹介と、神事の一つである「御供上げ」で使われていた御供台を展示しています。(令和元年9月28日更新)

企画展示室「名所図会に見る生駒」

現在企画展示室では「名所図会に見る生駒」と題して『大和名所図会』を展示しています。『大和名所図会』は江戸時代に刊行された今でいう観光ガイドで、大和国内の名勝地などについて挿絵と文章で記されています。その中で生駒がどう描かれているか紹介しています。



 

Twitterページへのリンク

Twitterページへのリンク