生駒の歴史と文化入門講座

「近代生駒の黎明(1)」

日 時▶5月17日(金)13時30分~15時30分

場 所▶生駒ふるさとミュージアム、多目的室

内 容▶生駒市文化財保護審議会会長の今木義法さんによる講座と見学会「近

    代生駒の黎明」。生駒トンネル掘削の英断と事故・慰霊、大軌開通に

    よる生駒地域の発展について学び、事故犠牲者の慰霊碑を訪ねます。

費 用▶600円(生駒歴史文化友の会会員は500円)

申込み▶申込順(期間:4月25日~5月16日)  電話かファックス、メール、直接窓口にお越しください。

定 員▶48名

 

NEW

生駒の歴史と文化入門講座

「近代生駒の黎明(2)」

日 時▶6月14日(金)14時00分~15時30分

場 所▶生駒ふるさとミュージアム、多目的室

内 容▶生駒市文化財保護審議会会長の今木義法さんによる連続講座の2回目

   「近代生駒の黎明(2)」。湛海律師によって開山された寶山寺。生駒の

    聖天さんと親しまれ、朝廷から将軍家、難波の豪商から農民にいたる

    までひろく帰依され、多数の参拝者で賑わっています。大和の静かな

    寒村が門前町として栄えていく歴史を学びます。

費 用▶600円(生駒歴史文化友の会会員は500円)

申込み▶当日先着順

定 員▶48名(先着順)


       

 

 

生駒ふるさとミュージアムについて

中央公民館別館として利用されてきた、旧生駒町役場庁舎を改修・整備し、平成26年2月1日、「生駒ふるさとミュージアム」が開館しました。

市内の遺跡から出土した土器のほか、古文書、さまざまな民具を展示し、貴重な絵画・仏像などを展示できる設備もあります。

子どもから大人まで、心地よく、また楽しみながら、親しみやすいミュージアムを目指しています。

申し込み不要の体験学習(勾玉・土笛づくり)もご用意し、カフェコーナーも常設しています。

ぜひ一度、ご来館下さいませ。


展示室について

展示室「常設展示」

現在展示室では常設展を行っております。 常設展では、生駒の資料を通史を通して展示しております。 「『宮』と刻まれた須恵器」や「生駒曼荼羅(複製)」、 「行基墓誌残欠(複製)」、「傘形連判状」、「乙田村人形浄瑠璃」関連資料、 「大阪農人橋」と銘入りの唐箕をはじめとする近世から近代にかけての生駒で 使われた民具など、歴史と民俗についての展示をしております (平成31年4月4日更新)

企画展示室「五月人形」

現在企画展示室では五月人形を展示しています。 五月五日は端午の節句ともいわれ、節句についての解説 も行っております。 (平成31年4月6日更新)



 

Twitterページへのリンク

Twitterページへのリンク