イベントについて

平成28年度 歴史講演会「よみがえる歴史ロマンの旅」

■平成29年3月25日(土)
「「聖地」としての生駒山-“信仰の山”に魅せられた人びと-」

高野山大学 櫻木 潤氏

場 所▶生駒ふるさとミュージアム 多目的室

時 間▶午後2時〜3時30分

受講料▶600円(生駒歴史文化友の会会員は500円)

申し込み▶不要

定 員▶49名(当日先着順)

 

3月のイベント

「草木染めに挑戦!たまねぎ染めでハンカチづくり♪」

日 時▶平成28年3月18日(土)、26日(日)

時 間▶午前10時~午後12時  

定 員▶各18組

参加費▶500円

必要品▶汚れても良い服装、タオル

申し込み・問い合わせ▶電話かFAXで住所、氏名、電話番号、希望日をお願いします。 ※月曜日を除きます。

【お申込み期間】3月11日(土)~3月25日(土)

✧普段は捨ててしまう玉ねぎの皮ですが、玉ねぎの皮の素朴な色を使ってハンカチづくりをしてみませんか✧

  

生駒ふるさとミュージアムについて

中央公民館別館として利用されてきた、旧生駒町役場庁舎を改修・整備し、平成26年2月1日、「生駒ふるさとミュージアム」が開館しました。

市内の遺跡から出土した土器のほか、古文書、さまざまな民具を展示し、貴重な絵画・仏像などを展示できる設備もあります。

子どもから大人まで、心地よく、また楽しみながら、親しみやすいミュージアムを目指しています。申し込み不要の体験学習(勾玉・土笛づくり)もご用意し、カフェコーナーも常設しています。

ぜひ一度、ご来館下さいませ。


展示室について

企画展示室「日本古代の墓誌」

 

 7世紀に入ると日本の葬制に大きな変化がみられ、伝統的な古墳の築造は衰退し、仏教の浸透と共に火葬による埋葬が始まるようになります。この変化に並行して墓誌が現れるようになります。墓誌は現在16例あり、生駒市内からは、「行基墓誌残欠」と「美努岡萬連墓誌」の2例が出土しています。これらの墓誌は考古学や歴史学の重要な資料であるばかりでなく、古代の文化や社会を考える上においても重要なものです。 今回の展示では、奈良国立文化財研究所飛鳥資料館編集の『日本古代の墓誌』をもとに、墓誌を紹介しています。

(更新日:平成29年2月21日)



館長挨拶 

Twitterページへのリンク